とても安全に使える | ダイエットはビーファットがあれば成功しやすくなる
ビーファットの購入はこちら>>
沢山の種類がある

とても安全に使える

ビーファットはゼニカルのジェネリック医薬品ということをトップでは伝えましたが、ジェネリック医薬品とは一体どういうことなのか?
そんな疑問があるという人もいるでしょう。

ジェネリック医薬品というのは要するに先発医薬品と同じ成分が使われている同じような医薬品になります。
つまりゼニカルを使わずにビーファットを使ってもゼニカルと似たような症状を期待することができます。
ただ厳密にいうとゼニカルとビーファットは異なる薬なので、そこは覚えておいてほしいところです。

では具体的にどのような違いがあるのか?
まず脂肪の吸収を阻害することができるという効果は、成分が同じ以上ゼニカルもビーファットもまったく同じだといえます。
ただビーファットは薬物成分が体内に残らないので、身体的な負担をあまり感じることがありません。
そのためゼニカルよりも安全面では高いことがいえるでしょう。
負担を与えにくいということは、すなわち副作用の発症率も低いことになります。

しかしもちろん副作用が起こらないとは限りません。
ちなみにビーファットの副作用として、寝ているときなど便をするつもりじゃないタイミングでおならと一緒に漏れてしまうことがあります。
だからナプキンなどを使用して漏れても大丈夫なようにしっかり対策をしておいてほしいと思います。

また頻繁に便意が起こったり、胃腸が膨張するような感覚に襲われたり、脂分が含まれている便をよく見かけるといった症状もあります。
ただ基本的には起こりにくいので、あまり気にすることはありません。